サラリーマンとして働きながら長期的に稼ぐチカラをつける 実践型起業サポートサービス 人生計画フォーラム 説明会 10年後、30年後の人生を楽しみに満ち溢れたものにするためによりよい人生を選べるように準備しておきませんか?
10年後、30年後の人生を楽しみに満ち溢れたものにするためによりよい人生を選べるように準備しておきませんか?
人生計画フォーラム 説明会に今すぐ申し込む

5年前のサラリーマン時代の私自身の「心の声」

これは5年前のサラリーマン時代の私自身の「心の声」です。そして、今これを読んでいただいているあなたも 常に様々な不安を抱えて仕事をされていると思います。

はじめまして。

人生計画フォーラム代表の安田修です。

現在、私は、経営コンサルタントとして活動をしていますが、その前は15年間、日本生命保険相互会社という会社でサラリーマンをしていました。日本を代表する大企業ということもあり、高額な給料で経済的には何も不自由はありませんでした。

不安は常に感じ続けていました

しかし、15年間をサラリーマンとして過ごす中で、上記のような不安は常に感じ続けていました。

そして、いつまでも続く出世競争、それに勝ち残って出世したとしても幸せそうに見えない上司、マイホームを買ったのに地方転勤を言い渡されて小さい子供と奥さんを残し、単身赴任せざるをえない同期・・・

私を含めて決して幸せそうに見えない同僚たちをかえりみたとき、サラリーマンという立場に対して、一つの考えを持つにいたりました。

サラリーマンは良くも悪くも「部品」

ちょっとおおげさかもしれませんが、サラリーマン時代の私は自分のことを「奴隷」のようだと感じていました。

サラリーマンは良くも悪くも「部品」であり、自分の頭で考えたり、自分の意志を持つことは求められません。自由や好奇心は抑圧されて、まるで歯車の1つのように「社内的に正しい」 ことを繰り返すような仕事を続けることを求められます。

そういうところを割り切って考えるのをやめてしまえば、サラリーマンは安定していて、楽とすら言えるかもしれません。でも当時の私にはどうしてもそれができませんでした。私は、まじめすぎてそれができない私のような人のことを「サラリーマン不適合」と名付けています。

どんなに苦しくても、生活のため、家族のため毎月の安定した給料やボーナスを捨てるわけにもいかず、会社で働き続けなければならない。ストレスで少しずつ脳細胞が死んでいくのを感じていました。

「一度きりの人生…こんな会社の奴隷のような生活を続けたくない…このままじゃ幸せになれない…何よりあと20年以上、とても耐えられない」

満員電車に揺られながらそんなことをいつも考えていました。もしかすると、今、これを読んでくださっているあなたもそんな状況かもしれません。

辞めるか辞めないかを悩みに悩んだうえで、私は会社を辞めて人生を変える決意をしました。

起業をする決意をした私が取り組んだ一歩目・・・起業をする決意をした私が
取り組んだ一歩目・・・

ただ、私は勢いに任せて会社を辞めることはしませんでした。それは、今後の詳細な計画や起業の知識がないまま、会社を辞めて起業することに大きなリスクを感じたからです。

思いつきで起業しても、リスクは増えるばから・・・起業には必ず綿密な計画が必要です。

例えば、会社を起こすにあたっては、しっかりとした事業計画を作成するのが普通です。事業計画が存在しなければその会社がどこに向かえばよいかわからなくなり、長期的には失敗することが多いことはわかっていただけると思います。

私がやっていた企業向け融資の仕事でも、10年・30年の長期事業計画をしっかりと検証し、日本経済の行く末なども見極めた上で貸付の判断をします。

それなのに、事業よりも大切な自分の人生に計画がないのはおかしいと思うんです。

そこで、まずは人生計画を作り、これに沿って起業準備をすることに決めました。自分の思考や思いをノートに書くのは好きだったので、人生計画をまとめるためのネタはそろっていました。

そして、作成した人生計画に基づき、自分で起業するために必要な資格取得や収入がなくても3年は家族で暮らしていけるような経済的基盤作り、保険としてアパートへ投資しておくなど起業のリスクを抑えられるであろうことをやりました。

そして「これなら必ず成功する」と自信をもって言える段階になったとき、満を持して起業をしました。
ところが...

必ず成功すると確信していたのに、起業して半年、お客さんは0人・・・必ず成功すると確信していたのに、
起業して半年、お客さんは0人・・・

私は日本生命時代の経験も活かして、経営コンサルタント・コーチとして起業をしました。実績はありませんでしたが、腕には自信がありました。しかし、「応援するよ」と言ってくださった方は多くいらっしゃいましたが、すぐにお客さんになってくれる方はいません。そして、最初の半年は、お客さんが0人という状況が続きました 。

セミナー会場には私だけしかいない

「このままでは、ダメだ!!」

状況を変えるためにセミナーを実施しても、誰も来てくれない。セミナー会場には“私だけしかいない”というのが当たり前でした。

元々、半年や1年は稼げなくても仕方ないと思って起業をスタートしたのですが、ここまで厳しいとは想定以上でした。そして、このまま2年目、3年目とお客さんが一人もつかなかったらどうしようと、サラリーマン時代とは違う不安を抱えることとなりました。

私には、一体何が足りなかったのでしょうか?当時の私にはわかりませんでしたが、
今の私には明確にそれがわかります。

実は、起業するにあたり“最も重要なこと”をやっていなかったのです。

それでは、ここで改めて自己紹介をさせて下さい。

夢を目標に変えて実現する人生計画コーチ 安田修
夢を目標に変えて実現する人生計画コーチ 安田修

安田修

2020年までに1,000人の会員数を実現する
「人生計画フォーラム」代表

1976年北海道生まれ、北海道大学経済学部卒。
一般社団法人人生計画協会代表理事。
株式会社シナジーブレイン代表取締役。
マスターコーチ。

大学卒業後、日本生命保険相互会社へ入社。
システム部門を経験後、資産運用部門にて企業向け融資の営業や審査、実務を幅広く担当。主担当としてプロジェクトファイナンスやストラクチャードローン等の高度なファイナンスを同社へ導入。投資ファンドへの出向も経験。企業評価や財務に関する高度な知識・スキルを習得。

 

人生計画を作成し、必要な資格や経済基盤等の準備を整えた上で、15年勤めた日本生命を退職。独立して起業家となった。常に長期的な視点により「自分の頭で考えること」を大切にしており、人生計画によりサラリーマンを自由にすることのサポートを自らのライフワークと考えている。

保有資格はマスターコーチに加え中小企業診断士、GCS認定プロフェッショナルコーチ、証券アナリスト、AFP、ソフトウェア開発技術者、日商簿記2級、将棋アマ初段、他。趣味は読書、旅行。インド3ヶ月放浪の経験を持つ。8歳の息子と6歳の娘の2児の父。

人生計画フォーラムはこんな方にお薦めです。

人生計画フォーラムはこんな方にお薦めです

  • サラリーマンを辞めて、自分がやりたい仕事だけで生きていきたい。
  • 今すぐではないが、いつかは起業をしてみたい。
  • サラリーマンを続けながら、自分の力を試してみたい。
  • 起業を始めたけれど、集客ができず上手くいっていない。
  • 人生における夢を語り合える仲間がほしい。

人生計画フォーラムは、本気で”稼ぐチカラ”を身につけ“
経済的自立”を考えている人を応援します。

長期的に稼ぐチカラ

人生計画フォーラムは、ただ参加したからといって誰もが“楽して儲かる”ようになるといった話ではありません。

私は、サラリーマンが経済的自立を得るためには、“長期的に稼ぐチカラ”が必要であると思っています。そのためには、“起業のための商品作りと様々な知識を学ぶこと”“情報を発信する力”“関係性作りを行う場”の3つが必要だと考えています。

この3つがあり、正しく活用することができて、初めてサラリーマンを辞めても生活ができるようになる基盤ができ、サラリーマンを続けても続けなくてもよいという選択肢ができるのです。

  本気で稼ぐチカラを身につけて、人生を変えていきたい

しかし人生計画はよくある自己啓発のように「願望を書いて壁に貼ってさえおけば勝手に夢が叶う」というものではありません。

地道な学びや努力、時間が必要になります。夢を目標に変え、正しい方向に努力することが大切なんです。

なので、何十万円もする自己啓発セミナーに次々と参加しては、「成果が出ない」と文句を言っているような人には来て欲しくありません。

そのような方は参加されてもきっとすぐにあきらめてしまうでしょうし、私の大切なコミュニティや集まってくれている仲間たちを傷つけてしまうとわかっているからです。

ですから、本気で稼ぐチカラを身につけて、人生を変えていきたい。そうした人を集めたいと思っています。

私はそのような人を決して見捨てませんし、そうした人の成功のために人生計画フォーラムはあると思っています。

追伸

5年前の私は「会社を辞めたら生きていけない」と思い込んでいました。

今、思い返すと日本社会や会社という組織に洗脳をされた状態だったのだと思います。
そして、サラリーマンを続けていたら、やりたいこともやれず言いたいことも言えず
ストレスを抱えながらも会社に定年までいたと思います。

そして今だから言えますが、妻に聞いてみたことがあります。
「あのまま、サラリーマンを続けていたら老後も一緒にいてくれた?」

そうすると妻は
「あなたが定年退職した時点で、熟年離婚をしていたかもしれない」

そう答えが返ってきました。自分の自由と好奇心を殺していた反動を無意識とはいえ、家族にぶつけて
しまっていたのです。私は、このような5年前の自分のような方が多くいると思っています。

そして、そんな方々を1人でも多く救い、自由と好奇心にあふれて仕事をしている幸せな大人がたくさんいる
世界を創れたらと思っています。

そのためにも、人生計画フォーラムの考え方を広めるため、人生計画フォーラムの会員を
2020年に1,000人に、2030年に100,000人にします。そうすることで、日本のサラリーマン全員を
自由で好奇心あふれる生き方ができるように変えられると信じているからです。

青臭い子供のような夢ですが、私は本当に実現します。もう、夢は目標に変わっているのです。

もし、あなたが5年前の私のように会社にしがみつき、ただ耐え忍んでいるのであれば、
人生計画フォーラムで自分の人生を選ぶための第1歩を踏み出してみませんか?
あなたが本当に実現したい夢は何ですか?どんな人生を本当は歩みたかったですか?

ぜひ一度、説明会に足を運んでみてください。あなたにお会いできることを、楽しみにしています。

Scroll Up